忍者ブログ
4/9 ゴミの分別
今日もよい天気のプーケット
写真を見てもらうとわかるかもしれませんが、
日差しはそれほど強くはありません。

数日前まではギラギラした太陽が照りつけて
舗装道路の上は、肌に刺すような暑さだったのですが、
今日は部屋にいても扇風機が回っていれば、過ごしやすい気温です。


さて今日はゴミ箱のお話
下にあるのはファミリーマートの前に置いてあるゴミ箱です。
分別は2種類
左側は濡れているゴミ用
右側は乾いているゴミ用です。



プーケットは今まではそれほどゴミの分別にうるさくありませんでした。
今でも一般の家庭ごみは、生ごみもビンも缶もプラスチックも
かまわずスーパーのレジ袋に入れて捨てています。

そうするとどこからともなくゴミ拾いの人が来て、
ビンや缶、ペットボトルなどのお金になりそうなものだけ回収してゆきます。

ただここ最近こんな風に分別するゴミ箱を見かけるようになりました。
下の写真は、国立病院に置いてあるゴミ箱です。

左側はオーガニック用のゴミ箱
残飯や果物の皮なんかですね。
右はその他のゴミ箱
カップ麺の容器とかお菓子の袋とかになっています。


プーケットは30年前の日本と一緒、なんて日頃思っているのですが、
ゴミのこともやはり同じ。
今でもたばこのポイ捨てはあちこちにありますし
道路脇の側溝や信号待ちの中央分離帯の植え込みにはゴミがいっぱいです。

それでもとりあえず、下の写真のようにペットボトルには
リサイクルのマークがついているのも
ひと昔前の日本に似ています。

もちろん現在の日本のように、
ペットボトルだけを捨てる日が決まっていたり、
あらゆる商品にゴミの捨て方の指示がかいている
なんてことはあるはずもありません。

30年経ってもきっと日本のようにはならないと思います。
なんといっても南国ですから・・・


昔や登山道の看板に
「撮っていいのは写真だけ、残していいのは足跡だけ」
なんて言うのがありましたが、
こんなプーケットですが、旅行に来る日本の皆さんは
ぜひ日本人らしく、ゴミや環境にも気を使って頂きたいです。

ダイビングボートなどでは、
缶やビン、生ごみなどの分別がありますので、ぜひご協力ください。
1クリックをお願いします!
ダイビング ブログランキングへ

≪ダイビングは私がご一緒します! ブランクダイバー専門『グリーンダイバープーケット』≫

拍手

PR

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字(絵文字)