忍者ブログ

カテゴリー:タイの日常生活

12/11 歯医者のお値段 プーケット ブログ
年末年始の前に、あれこれできることをやっておかねば・・・
と思い、今日は歯医者に行ってきました。
病院はプーケットタウンにある大きな私立病院。

そこの歯科に夫婦で歯石除去に行ったのですが、施設はとても立派!
写真でお見せできないのが残念ですが、治療室が5つも6つもあって、中の設備もとてもしっかりしています。

ただ数年前から1年に1回ずつ行くようにしているのですが、なんだか値段がどんどん上がっている感じ。
以前は、1,000バーツ(3,000円くらい)だったのが、1,300バーツになり、1,500バーツになり。
今年は「レントゲンも撮ります!」なんて言われて、結局3,000バーツを支払ってきました。
これ私だけの分なのですが、日本円にすると1万円近くがかかったことになります。
う~ん、なんだか物価の上昇がとんでもない感じ。

その挙句に奥歯の神経が痛みかかっているので、「治療をしなければなりませんね~」
何て言われて、費用を聞くと『35,000バーツ』と言われました。
いやいや、10万円ですよ!
「しっかりお金貯めてくださいね~!」なんて笑顔で言われましたが、海外の治療費はとても高いです!
Instagram
1クリックをお願いします!
ダイビング ブログランキングへ

≪ダイビングは私がご一緒します! ブランクダイバー専門『グリーンダイバープーケット』≫

拍手

PR

10/20 IT社会は難しい
3日前からメール(info@greendiverphuket.com)の調子が悪くなりました。

まずはメールの受信が出来なくなって、そのあと送信もできなくなりました。
メールソフトがおかしいのかな?
ウイルスにでも感染したのかな?
サーバーがおかしくなったのかな?
あれこれ原因を考えて、Webで調べたり、メールを送ったり・・・

今まで普通に使えたものが、急に使えなくなるともう大変!
バックアップのGmailは使えても、お客さんからの問い合わせは入らなくなり、このままショップのお客さんがいなくなるんじゃないか?
何が原因なのか?
解決できないからイライラするばかり。

結局、サーバーのカスタマーサービスからのお知らせで
「メールの許容量が限界に来てる」ということがわかり、
2000という数字を5000に変えたら、問題は簡単に解決。

たったこれだけですよ。
2⇒5に変えただけ!!

なんだかすっきりしたのですが、3日間も悩んですっかり疲れてしまいました。
メール送信でご迷惑をおかけしました。
今は無事に送受信できていますので、ご安心ください。
Instagram
1クリックをお願いします!
ダイビング ブログランキングへ

≪ダイビングは私がご一緒します! ブランクダイバー専門『グリーンダイバープーケット』≫

拍手


7/10 中国船沈没の話を聞いてみると
しばらくブログを書いていませんでした。
すみません。
ただ7月6日のブログの閲覧数を確認してビックリ!いつもの4倍から8倍くらいありました。
おそらく日本でもプーケット沖で沈没したボートのニュースが流れたからでしょうね。

あの時の状況などを、噂ではなく、しっかりした情報源から得ていますので、少しお話ししたいと思います。

あの日は朝から昼までは、とても蒸し暑く、良い天気でした。
私は海に出なかったのですが、気象状況を見ていて、「意外といい天気だな!」なんて思ったものです。
予報では「多少波や風はあって、雨も降る」となっていたからです

ただそれが夕方4時頃になって天気が急変しました。
風が強く、雨も激しく降ってきました。
たまたま船会社に支払いに行ったとき16:30で、まだ船が帰港しておらず、「これだとお客さんが濡れてかわいそうだね」なんて話したのを覚えています。

今回沈没したのは中国のフェニックスというボートで、真っ白な大型の新艇でした。
その時乗り合わせ一命をとりとめた中国人のインストラクターの話では、水が船のあちこちから入ってきて、10秒近くで沈んだと言っていました。
さすがに10秒は短すぎるでしょうけど、命からがら脱出したのでそう感じたのかもしれません。

彼はボートクルーが、室内にいる乗客にライフジャケットを渡していたので、それを手伝っていたそうですが、さすがに危なくなって、船が水に沈む中、ライフジャケットをつけずに、泳いで抜け出したと言っています。
何m地点かは必死だったので覚えていないそうですが、彼曰く「ライフジャケットを着ていなかったから泳げて助かった」そうです。
水の中でも自由がきいたからでしょう。

室内でライフジャケットを着た乗客は沈む船の中では、結局身動きが取れなくなって、船と一緒に海底まで沈められてしまったと言っていました。

今回亡くなったのは中国人ばかりでしたが、中国の方は基本的に泳げる人はとても少ないです。
学校にプールはなく(学校にプールがある日本は、世界的にも珍しいそうです)、スノーケリングに来る観光客も、おっかなびっくり水に入るのをよく見かけます。

スノーケリングの最中に死亡するケースも多いので、最近はインストラクターやガイドが一緒に海に入って監視しているのも見かけます。

今回のケースでも船から幸い脱出できた中国人も、ライフジャケットを着ていたにもかかわらず、うつ伏せのまま死んでいた、と言うケースも多かったようです。

今回の事故後、中国のエージェントは、一斉にプーケット旅行を中止しているそうです。
圧倒的な数を占めていた中国人観光客が一斉にいなくなることで、プーケットの観光に与える影響はとても大きいと思います。

ただタイ国政府関係からも、同じような事故が起こらないようにと、天気が悪くなると予想される時は、ボートの出港中止の通達が出るようになりました。

実は今日はすべてのボートはツアーを取りやめています。
しばらく嵐の日が続きそうだということで、今朝早くに関係機関からの通達が、船会社に回ってきたそうです。

ダイビングツアーで事故にあうのも困ったことかもしれませんが、せっかくダイビングを楽しみにしてきたお客さんも、残念だと思います。

日本も竜巻や集中豪雨と言った異常気象で大変なようですが、天気が落ち着いてくれることをただただ祈るばかりです。




Instagram
1クリックをお願いします!
ダイビング ブログランキングへ

≪ダイビングは私がご一緒します! ブランクダイバー専門『グリーンダイバープーケット』≫

拍手


6/24 プーケットで家探し
今日は青空が広がっている、と思ったら急に黒い雲がわいてきて土砂降り。
そんな雨季らしい天気です。しばらく続くみたいです。

さてお客さんの少なくなったローシーズン。
家探しをしています。
嫁さんと私の二人だから、寝室とリビングの今の部屋で十分なのですが、やっぱり仕事がゆっくりできる部屋がほしい私。
プーケットの物件をもう2か月くらい。見て回っています。

プーケットは今バブルと言っていいほど、不動産の値段が高いです。
中国人やロシア人が、投資目的で高級なコンドミニアムを買いあさっているので、10,000,000バーツ(3,300万円)なんて当たり前。
それこそ億ションなんてもの物も沢山見かけます。

なので不動産屋さんに入って、話を聞こうとしたら、ロシア人の女性スタッフに「なんでお前みたいな貧乏人が来たんだ」という感じの対応をされました。

悔しいけど、チャーハン一杯50バーツ(170円)の庶民の生活をしている私では、到底買うことが出来ません。
もっとも買うつもりもありませんけど。
だって作っているところを見るとビックリ。
見栄えは良くても、所詮ブロックを積んで、壁を塗っているような作りですからね。

それとどこの銀行でも、住宅ローンの貸し出しをしています。
50,000,000バーツ(1億7千万円)を30年ローンまで組めるようですけど、でも金利は6%程度。いやいやビックリというより、呆れてしまいます。

と言っても外国人向けのローンを組めるところは、それほど多くはないので、 おそらく億ションも、中国人やロシア人は現金で一括払いなんでしょうね。

あれすっかり私の家探しから話がそれてしまいましたね。
次回はちょっと庶民の家探しの話をしてみたいと思います。




Instagram
1クリックをお願いします!
ダイビング ブログランキングへ

≪ダイビングは私がご一緒します! ブランクダイバー専門『グリーンダイバープーケット』≫

拍手


6/5 タイ語で嫁さんとチャット
  今嫁さんが、兄弟がいるバンコクに行っています。
なので私は一人で好きな時間に仕事ができてちょっと気楽!
でも嫁さんの方はというと、兄弟が仕事に行っている時間は一人で暇になるらしく、そのためLINEがバンバン入ってきます。
相手の都合は考えずに、自分の都合でしゃべりかけてくるのが、なんともタイ人らしいのですが...... 

そこで使っている言語は3種類
タイ語と日本語と英語です。

実は私、普段タイ人と話すときは、タイ語を使っていますが、文章を書くときは、英語になります。
タイ語が書けないからです。

 
 でも今少しずつタイ文字を勉強しなおしているので、今回は嫁さんとのLINEはタイ文字を加えてチャットをしています。

といってもパソコンやスマホでタイ語を打つのはとても難しく、まだそこまで単語を覚えきれていないので、まずは翻訳アプリを使って、日本語をタイ文字にしています。

そのタイ文字を一旦読んでみて、自分らしい表現のものに、何度か作り変えます。
そしてコピーして、嫁さんに送るという具合。

ちょっと急いでいるときは、英語を使ったりしまいますが、意外とスピーディーにできています。

逆に嫁さんはと言うと、へんてこな日本語をローマ字で打ってきます。
Aussui は、実は「暑い」で、
Dok ko? は、「どこ ?」なのですが、
Su hay suhay は、たぶん「すごい すごい」のようです。

ただタイ文字を、ものすごい長く打ってこられても、それを解読するのがなかなか難しいのですが、嫁さんが打ってくるへんてこな日本語を解読する方が、さらに厄介です。

でも今までは、英語しか使っていなかったので、タイ文字を使って、なんだか頭のトレーニングをしているようで、ちょっと面白かったりします。
意外にタイ語でもチャットができて、びっくりしました。

パソコンの翻訳アプリがどんどん優秀になってきたので、あとは辞書と自分の脳みそを使って、もう少しタイ語の勉強を続けてみようかな?

Instagram
1クリックをお願いします!
ダイビング ブログランキングへ

≪ダイビングは私がご一緒します! ブランクダイバー専門『グリーンダイバープーケット』≫

拍手