忍者ブログ
6/17 写真の撮り方・撮られ方 ラチャノイ島ラチャヤイ島ファンダイビング
今日のお客様は、日本で仕事をされている中国人のお二人。

日本の大学で勉強をして、9年日本にいるとおっしゃっていましたが、
日本語で、話す、聞く、読む、書くと、まったく日本人のような語学力にビックリ。
私もタイに10年以上いるんですけどね・・・。とてもとても敵いません!


そんなお二人、中国人のガイドはやっぱり心配なので、
日本人のショップの私の所に、もちろん日本語でご予約いただきました。
決め手は、グーグルのレビューが多かった点なんですって。
口コミ情報を投稿して頂いた皆様、感謝します。

さてお二人のダイビングスタイルは、ウェアラブルカメラ(アクションカメラ)。
E様の方は、ソニーのカメラを自撮り棒につけて撮影。
T様の方はGoProをマスクに装着したり、自撮り棒につけたり、
水中レンタルカメラも持って、楽しんでいました。

二人が狙っていたのは、ミナミハコフグの幼魚

お気に入りの景色の所では、カメラを自分に向けてこんな感じ

天気が曇りだったので、少し暗かったですが、それでも透視度はこんな感じ!

まだまだ大きくならずにいてくれました

水面休息中に、写真の撮られ方のアドバイスをしてみました。


最近は水中にカメラを持って行くお客様がとても多くなりました。
水中カメラレンタルも多くのお客様が希望されます。

写真撮影は楽しいので、つい魚がいると撮影に夢中になってしまうのですが、
私がカメラを持っているので、「写真の撮られ方」もアドバイスすると
魚をバックにどう映ったら良いかも考えてもらって
また違った海の楽しみ方をしてもらえたようです。

プーケットの思い出を沢山持って帰って、
またぜひプーケットに潜りに来てください。

Instagram
1クリックをお願いします!
ダイビング ブログランキングへ

≪ダイビングは私がご一緒します! ブランクダイバー専門『グリーンダイバープーケット』≫

拍手

PR

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字(絵文字)