忍者ブログ
4/27 酔い止め薬は無料配布してます
これからの季節は雨季。
と言っても一日中雨が降り続くわけではなくて、朝晩にスコールが来る感じで、日中は南国の日差しが照りつけます。
なんたって常夏ですから・・・。

ただ風は西風、いわゆる偏西風に変わります。
プーケットの西側はインド洋ですから、そこから風が吹けば、どうしても船は揺れます。
これが雨季の一番の特徴です。

そこで活躍するのが酔い止め。
日本には
アネロン 9カプセルで600円とかトラベルミン 6錠で450円


なんて言うのが有名ですね。
でもこれらはとても高いです。

それに比べてタイの薬局で売っている酔い止めはとても安いです。
左にあるものは、10錠入りで10バーツ(約30円)。
ダイビングボートの上で配っているものです。

そして右側にあるのは、10錠入りで35バーツ(約100円)です。
ドラマミンという有名な薬のようです。

そして下の箱に入ったものは、10錠入りで50バーツ(約150円)
これだけは成分が異なっていて、睡眠薬の効果もあるそうです。


ダイビングのお客様の中には医師の方や、薬剤師の方もたくさんいらっしゃいます。
事あるごとに、その方々から酔い止めのお話を聞くのですが、タイで売っているこれらの薬は日本の処方箋と同じものや、同じ成分のものに当たるそうです。
そのため効き目は強いです。

またあまりに安いので心配と言う方もいらっしゃるでしょうが、一番安い1錠1バーツ(3円)の薬は、プーケットの大きな私立病院で、つわりのひどい妊婦に配っている薬です。
と聞くと、安心されるお客様も多いです。

日本から高いお薬を買ってこなくても、ボートの上では酔い止めを無料配布していますので、どうかご心配なく。
またこれらの薬は3年~4年の有効期限がありますから、お土産に買ってゆかれるのも良いと思います。(ちなみに銀の包装の方が安心です。)

薬も上手に使って、楽しい1日のしてほしいです。

1クリックをお願いします!
ダイビング ブログランキングへ

≪ダイビングは私がご一緒します! ブランクダイバー専門『グリーンダイバープーケット』≫

拍手

PR

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字(絵文字)