忍者ブログ
7/11 私たちの船の安全管理

昨日お伝えした中国船のボート沈没の様子について、何人かの方からコメントをいただきました。
その中に、「政府がもっとしっかり規制をすべきだと思った!」というのもありました。
「日本は安全な国」と言われてましたが、とても規制の厳しい国だと思います。
何か問題が起これば、「基準はどうなっていたんだ?」と言うことになります。


【朝方の政府関係からの通達】
今回の沈没の教訓から実は昨日の朝、政府関係から出港禁止の通達が出されました。
これは同じ事故が起こらないようにと、政府が規制をかけてきて、どの船もそれに従いました。
安全策を取るならば、もっともな判断だと思いました。

【5日先までの通達】
ただ夕方になって船会社には、7/10~7/15のすべてのボートの出港を禁止するという通達が入ったそうです。
嵐が来る予想になっている、と言うのがその理由だったそうです。

ただ今回の沈没の時もそうですが、天気は急変します。
これが良い方向に急変することも当然あります。

それなのに5日も先のことを政府関係が規制して、従わせようというのはどんなものでしょうか?
実際今日は晴れ間も見える天気で、波や風の予報もこの先しばらくは、大きく荒れるような天気にはなりそうにない、と言うものに変わっていました。

【船会社の判断】
船会社も5日先までの出港禁止の通達は出ていたものの、実際にツアーを不催行にするかどうかを決めかねていたようでした。
朝電話で問い合わせたときは、15時に最終判断すると言われました。

確かに船を出さなければ、事故は起こりませんが、たくさんのスタッフを抱える船会社としては、収入が減るのも頭が痛いところです。
天気が改善されているならば船を出せるようにと、政府に働きかけたのだと思います。
夕方に電話してみると、明日のツアーは催行される、と言う風に変わっていました。

【私たちの海況判断の資料】
私たちは常に海の波や風の情報をチェックしています。
私の場合はWindGuruと言うもので、これは船会社でも同じものをみています。
https://www.windguru.cz/208473
また船会社は、さらに詳しい衛星写真なども参考にしています。

【今までの対応 前日】
今までは前日の夕方に、翌日に嵐になりそうな場合や、波が高くなる場合は連絡が入りました。
特に3時間船に乗るピピ島方面や、外洋ポイントのシャークポイント方面は、不催行ではなく、ラチャノイ島またはラチャヤイ島方面に、ポイント変更をすると言うものでした。

またあまりにも高波が予想される場合は、明日のツアーを不催行にするとした時もありました。


【今までの対応 当日の朝】
当日の朝にキャプテンは、気象情報や港の波の具合などを見て、出港か中止かを判断するのが一般的でした。
お客さんがホテルを出る前に、不催行が決まることもあれば、港に集まった後に不催行が決定して、すぐにホテルに引き返すということもありました。

またポイントをラチャ島方面に変更すると、ツアーリーダーから言われるケースもあります。

その場合変更後のポイントを希望しないお客さんには、キャンセルした場合でもチャージなどはありません。ただ一般的には自然のことなので仕方ないと皆さん思ってくれるようです。

【ライフジャケット】
乗船後ライフジャケットの着用が義務付けられています。
最初は罰金を取られるから、と言うことだったのですが、全員分のライフジャケットが確認できる、と言う点ではよいことだと今では思っています。

【出港後のポイントの変更】
出港した後にあまりの高波の場合は、ラチャヤイ島にも行けずに、湾内の端にあるコーラル島でダイビングをすることもごく稀にあります。
と言ってもうねりが入っていて、とてもコーラル島でも潜れないとなると、出港はしたけれど、港に引き返すということも、今までにはありました。

【ラチャヤイ島ダイビング】
出港後に波が高く、多くのお客さん(船によっては6名以上)が船酔いでつらい思いをしているときは、ラチャノイ島までは行かずに、ラチャヤイ島で3ダイブをすることもあります。
島に着いてしまえば、島が風を遮ってくれるので、潜るポイントは波がなく落ち着いています。
とりあえず船酔いで苦しんでいたお客さんも、島にいる間はダイビングを楽しむことができます。

【帰港中の進路変更】
今回のケースのように、夕方の帰港の時間に天気が急変した場合などは、キャプテンがより安全策を取ります。
高波の瞬間にスピードを落としたり、コーラル島の裏側を通って、プーケットに向かうというものです。

今回ボートが沈没したコーラル島付近は、島に入る直前に波や風が変化します。
一説には、沈没した中国船は、この後のディナーショーに間に合わないので、コーラル島を迂回することをしなかったとも言われています。

【こんな船会社は選んでいません】
プーケットにはたくさんの船会社あります。
船代金が安さを最優先するショップもありますが、でも私の場合は船代金よりも、まずこんな会社は選ばないようにしています。

・お金儲けで頭がいっぱいで、定員オーバーで船を運行する船会社
・船のメンテナンスや、タンクの点検を怠っている船会社
・故障がたびたびあるような船会社
・ツアーリーダーがダイビングをしない船会社(水中の様子がわからない)
・オーナーがオフィスに来ない船会社(トップが現場の声を聞かない)
・トラブルの対応が遅い、対応をしない(危機管理の意識が薄い)


今ご紹介してきたのが、今まで私や私たちが取ってきたボート出港の基準や安全策です。
政府関係からの規制も確かに必要かもしれませんが、現場の我々の安全意識が一番大事なのではないでしょうか?
誰かが守ってくれるという意識は、自然を相手にしている私達にはとても危険です。
自分の身は自分で守る意識がなにより大切だと思っています。

Instagram
1クリックをお願いします!
ダイビング ブログランキングへ

≪ダイビングは私がご一緒します! ブランクダイバー専門『グリーンダイバープーケット』≫

拍手

PR

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字(絵文字)